太くて濃いムダ毛が生えてくる

デリケートゾーンと同じくムダ毛の処理後に、毛穴のトラブルが多い箇所のひとつに、ワキがあります。

 

伸縮する皮膚が集まる場所でもありますし、太くて濃いムダ毛が生えてくるので、夏場などノースリーブを着る時などは、女性はムダ毛の処理がかかせない場所ですよね。

 

夏場にお手入れを頻繁にする場所でもあり、太いムダ毛はつい毛抜きでブチッと乱暴に抜いてしまいがちであり、汗をかきやすい場所でもありますから、自己処理でお肌を痛めて、黒ずむ、毛穴がぶつぶつ、黒いポツポツ毛穴、毛包炎や埋没毛が目立つなどの不快なトラブルを抱えてしまう女性も多いようです。

 

ご自宅でワキのムダ毛のお手入れをする場合には、処理前にしっかりと汚れを落として清潔にしておき、でこぼこしている場所ですから、カミソリなどで剃る場合には深剃りしすぎないように充分に注意をしましょう。

 

ワキの下の皮膚は薄く弱い場所でもありますから、キレイに剃れない…と何度も何度もカミソリでジョリジョリ剃るというお手入れ方法を繰り返していると、摩擦などで皮膚が色素沈着を起こし黒ずんでしまうことがありますから、なるべく何度も処理をしないで済むように注意をしたいですね。

 

カミソリで剃る代わりに、毛抜きや脱毛器で抜いているという方も多いかもしれませんが、抜く時にも、皮膚が集まっている場所ですから埋没毛や毛包炎にならないように清潔を保ち、無理に引っ張るなど乱暴な自己処理を行わないように注意をしましょう。

 

カミソリでの処理をずっと続けていると、黒ずみが目立ってしまうことがありますし、一方で、脱毛器や毛抜きでの乱暴な処理を続けると、毛穴のブツブツで鳥肌のようになってしまいますから、「剃る」「抜く」を交互にするなど、処理方法に注意を払うようにしたいですよね。

 

他にも、除毛クリームを塗ってムダ毛を溶かす方法や、脱毛ワックスを塗って一気に抜いてしまう方法などもありますが、ワキの下の皮膚は基本的に他の箇所よりも弱く、汗をかきやすい場所ですから、なるべくお肌にやさしい方法を選ぶようにしましょう。

 

また、ムダ毛の処理をしたあとは清潔に保つということと、痛みや炎症をおさえる、また、広がった毛穴を引き締めるために冷やすなどのアフターケアも大切。

 

お出かけするから!と、ワキのムダ毛の処理をした直後の肌に、制汗剤などを塗りつけるなどの行為は、お肌に薬品がしみてトラブルの原因にもなりますから、処理直後には何も塗らないようにするなどの注意も必要ですね。

 

ワキはつい乱暴に処理をしてしまいがちな場所ですが、毛穴などが目立つ体のパーツですから、丁寧な処理方法で美しい素肌をキープするようにしたいですね。

えっ?ムダ毛を生やしっぱなしなの!?

海外旅行に行って外国人の女の子の腕を見て、「えっ?ムダ毛を生やしっぱなしなの!?」「やっぱり腕毛などの体毛も金髪なのか!」と、日本人と比べて違いに驚くことってよくありますよね。

 

アジアや欧米、ヨーロッパの国々など、それぞれの地域によって女性のムダ毛のお手入れ事情にも違いがあるようです。

 

アジア人は髪と体毛が黒い人が多いですから、比較的お肌が白いタイプの人の場合は、腕や脚などの体毛が目立つので、ムダ毛の処理をしたいと考える人が多いようです。

 

すぐお近くの台湾などのアジアの国では、昔から糸脱毛という美容法があり、ムダ毛を抜くのでもなく、カミソリでお肌を削るでもなく、糸で肌の表面をマッサージしながらムダ毛を絡めとるという脱毛方法があるようです。

 

数は少ないですが、日本でも糸脱毛を行っているサロンはいくつかあり、ニキビ肌の人や、男性でヒゲ剃りの時にカミソリ負けをしてしまう方などの中には、この糸脱毛を愛用しているという方もおられるようです。

 

ヨーロッパなどでは古くからムダ毛の処理をするという文化が根付いており、古代ギリシア人やクレオパトラの埋葬品からもムダ毛の処理グッズが出てきています。

 

髪結いをする時に周囲の細かいうぶ毛を整えるため、また、男性はヒゲを剃るという文化、そしてアンダーヘアの処理が一般的な国もあったという文化背景から、脱毛をするという文化が広がったようです。

 

現在のヨーロッパでは、様々な文化背景の人が混在しているということもあり、アンダーヘアや体毛の処理をするかどうかというのは、個人の美意識にゆだねられているということがあるようです。

 

ランウェイをさっそうと歩くモデルさんや、美しい女優さんたちの腕や脚を見ても、ムダ毛は一切生えていませんが、町を歩いている一般女性と比べてみると、しっかりとお手入れしている女性と、気にしていない女性とが混在しています。

 

清潔感やキレイに整えるということにとても気を付けているのが北米のセレブで、彼女たちの間では、アンダーヘアを完全にキレイにするブラジリアンワックスは主流ですし、日本と同じようにムダ毛を処理するためのカミソリやシェーバーなどが多く販売されており、とくにアメリカは美容先進国と言われているので最新の美容のための機械などを取り入れて美を追求しているという人もおられるようです。

 

しかし、アメリカも様々な文化背景を持つ人たちが集まっていますから、人前に出ることが多いセレブの場合にはしっかりとムダ毛のない美しい素肌をキープしている人も多いのですが、一般の方々となると、体毛も金色、茶色なので腕毛を処理していない方なども大勢おられます。

 

国によってムダ毛に対する価値観や違いなどがありますから、比べてみると面白いかもしれませんね。